• 今は、車社会でとなり、車の普及に従い交通事故も増えてきています。
    車同士も事故から、自転車と車、車と人など、車に関しての事故は毎日のようにニュースで目にします。
    そのため、車を運転する人以外にも、歩行者にも自転車に乗る時にも注意する事が必要です。
    そのため、どんなに注意していても防げない場合もあります。
    もしも交通事故にあった場合に、気を付ける事があります。
    それは、どのような小さな接触事故でも、必ず体の変調を確認する事です。
    事故では、命にかかわる事や大きなケガから何ともない場合などその事故や、そして事故にあった方の体調や年齢によっても様々に症状が異なります。
    多くの場合は、その時の事故ですぐにわかるケガなど体調の変化から、その時には変化が感じられなくとも、数日後から不調が現れる場合が知られています。
    そして、車の場合には、同乗者についても、むち打ちなどが起こる場合にも、事故の時ではなく、時間がたってから頭痛や首の不調など部分的な変調を感じる方が多くいます。
    そうした症状をそのままにすると後遺症となって症状が改善するまでに時間がかかる事がありますので、変調時はすぐに病院へ行ったり、そのリハビリを開始したりと後遺障害を防ぐことが大切です。

    おすすめはコチラ