• 交通事故を起こすと、時には相手の人に慰謝料を払う必要が出てきます。
    自動車保険に加入していれば、後は担当の人が全てを行ってくれますが、保険を使わない時は保険会社の人に動いてもらう事ができません。
    その為、自分で交渉する事になるのですが、そもそも素人にとって、慰謝料の算定基準なども良く分からない事も有るのではないでしょうか。
    とはいっても、相手の言うなりになっていると、もしかしたら一般的な基準以上の金額を払わなければいけなくなる事も有ります。
    だから、まずは自分だけで何とかしようとせず、弁護士に相談する様にしましょう。
    この時は、交通事故問題を得意としている人に依頼するのが重要です。
    そうすれば自分が納得できる形に結果を導いて行く事もできるでしょう。
    ちなみに、自分の方が相手に請求する時は、相手に対してどうしてその金額になったかの根拠を示さなければいけません。
    そうして相手が納得した上で払ってもらうようにしましょう。
    だからこれくらい欲しいとか、これくらいだったら良いと思ったという様な理由では相手は納得してくれません。
    出来るだけスムーズに交通事故問題を解決する為にも、請求する側になる時も、される側になる時も、弁護士や司法書士に相談するのが無難です。
    交通事故無料相談センター|交通事故の慰謝料・示談金の無料相談