• 彼はいつもどこか神経質に見えてそれでも思いやりのある行動をします。
    ずっと昔からの知り合いなのでそれは当たり前かもしれません。
    それでも一人っ子ですのでずっと違和感を覚えてきました。
    両親から過保護に育てられたのではないかと思います。
    考えを聞いていたらはっきりしているので彼なりに人生を勉強して来たのでしょう。
    しばらく離れて暮らしていたので、彼の趣味は何かよく分かりませんがパソコンの様です。
    安田昌夫は学生の頃から優等生でした。
    それが自分とはどこかギャップがあったのは事実です。
    彼はいつも消極的に物事を考えている様に見えました。
    長い付き合いですので年賀状は出しています。
    出会う機会があれば時間を儲けて世間話をしています。