• めがねやコンタクトレンズ、またレーシックやレーザーでの治療に続くオルソケラトロジーという全く新しい近視の治療方法があります。
    この治療方法では、中央部が扁平になっている特殊なデザインのコンタクトレンズを専用に使います。
    患者さんお一人ずつに合ったこの特殊なレンズを眠っている間に装着すると、柔軟性のある角膜の形がレンズに合わせて変わり、そのまま固定されます。
    こうして眠っている間に角膜の形を変えることで屈折率が矯正されるため、起床したときには一時的に正常な視力が戻っています。
    この正常に近い視力の持続力は、オルソケラトロジー用のコンタクトレンズを続けて装着していくことでだんだん長くなってきて最初の近視の程度や睡眠時間にもよりますが、起きている時間帯には裸眼での生活が可能になったという人も大勢います。
    角膜の柔軟性と新陳代謝が活発に行なわれる組織であることを応用したこのオルソケラトロジーはまだ新しい治療であるため、扱っている眼科医はまだまだ少ないという現状があります。
    特殊なコンタクトレンズを使用する治療でもあるので、オルソ治療を受けるには、実績があって治療について詳しく説明してくれるクリニックを選ばなくてはなりません。