• 小さいころから出張とか単身赴任という言葉に憧れていまして。
    でも、この言葉にきちんと触れたのはごく最近のこと。
    もともとサラリーマンという職業には願望が強かったのですが、あまりにも一般的な職業でしたので、何となく、普通かなあ、と思いまして、きっかけがないままに自営業という厳しい仕事に就いてしまいました。
    そう言えば、以前、こんな事がございました。
    ある商社に就職した友人がですね、遠く九州へ単身赴任をすることになった。
    でも、あいにく彼は家族持ちでしたので、愛しい家族を東京に残し、せっせと単身赴任したわけなのです。
    これはあまり言いたくないことなのですが、結果、彼は赴任先で恋人をつくってしまい、のちのち厳しい問題となるわけです。
    まあ、これは自分から蒔いたタネということで、全面的に彼に落ち度があったわけですが。
    いやいや、けっして彼を責めているわけじゃないのです。
    一人寂しく遠い地で暮らすわけですから。
    でも、ここで男のズルい考えが浮かんでしまうのですね。
    そう、そういう可能性について、ものすごく興味もあるのです。
    結局、単身赴任については、私には難しいことはよく分からなかったけど、でも、改めて自分の家族を大切にしようって思いました。
    つまるところ、一人じゃなにもできないと言うことが分かっているから。